ワーキングホリデーで海外を知ろう!

ワーキングホリデーの仕組みと注意点

ワーキングホリデーとは二国間で協定を結び、18歳以上の青年が生涯で一度だけ、互いの国で働きながら旅行をすることを可能にした制度のことです。
これは、国際的視野をもった人材の育成と二国間の友好関係の促進というふたつの目的から誕生しました。
日本が初めてこの協定を結んだのは1980年のことで、相手国はオーストラリアでした。
それ以降、協定を結ぶ国は増え続け、現代では台湾からフランスに至るまで十数カ国を数えるまでになっています。
海外で見聞を広めたい若者にとっては非常にありがたい制度ですが、国ごとにそれを利用できる条件が異なるのでその違いをしっかり把握しておくことが大切です。
例えば、制度が利用可能な年齢ですが、多くの国は18歳から30歳までとなっています。
しかし、シンガポールやデンマークでは25歳までです。
また、カナダでは1年間にその制度が利用できる人数の上限が定められており、定員に達すると申請自体ができなくなってしまいます。
また、同じ国であっても手続き方法などは年ごとに変わる可能性があり、具体的な準備を始める前にもう一度確認することが必須です。
さらに、二国間協定を結ぶ国は今後も増えていくと予想されるのでそちらの方もこまめにチェックをしておきましょう。

ワーキングホリデーならお金がなくても海外生活を楽しめます。

「外国で本場の英語を勉強したいけれど、高額な留学費用を支払うことができない」と留学を諦めている学生の方も多いのではないでしょうか。
そのような悩みをお持ちの方に朗報です。
ワーキングホリデーという制度をご存知ですか。
ワーキングホリデー制度を利用すれば、希望する国に入国し、滞在費を賄うため働くことができます。
このため、留学に必要となる高額な資金が用意できなくても、海外生活を満喫することができるのです。
もっとも、広い国際的視野を持った若者を育成することを目的としているため、18歳から30歳までの人しか利用できません。
また、ワーキングホリデー制度を利用して、1つの国に行けるのは原則として1度だけです。
このような制約はありますが、この制度によるビザは自由度が高く、好きな場所に旅行することもできますし、語学学校に通うこともできます。
なにより滞在費をアルバイトによって賄えるビザは、このビザを除いて、ほとんどありません。
査証を受けるためには、日本国内にある、行きたい国の大使館などに申請をする必要があります。
現在、オーストラリア、カナダ、フランス、イギリス、デンマークといった国が日本と協定を締結しています。

pickup

自然豊かなフィリピンで英語を学んでみませんか。

フィリピン 留学

美容関係の就職をお考えのあなたをサポートします。

美容専門学校 大阪

カルティエの強化買取を行っており、高額での買い取りが可能です。

カルティエの買取案内

最終更新日:2017/12/15

『ワーキングホリデー』 最新ツイート

@newzealand_jp

海外生活応援ガイド。現地生活レポート、ビザ最新情報、ワーキングホリデー情報、人気9都市暮らし方ガイド… ニュージーランド (地球の暮らし方) https://t.co/bWPSmEZl2U

1時間前 - 2018年02月21日


@BWIteknisk

オーストラリアへ留学、ワーキングホリデーご検討の方は日本語スタッフによる丁寧な格安現地携帯プランがご案内可能です! 何と、月額9$から! https://t.co/Ot8Jgq6BPL

2時間前 - 2018年02月21日


@nzwhc

ワーキングホリデーセンターはホームステイ、ファームステイ、小学校、中学校、高等学校、語学学校、専門学校、ポリテク、大学のご案内も行っております。info@nz-joho.com まで #語学留学 #親子留学 #移住留学 #ワーキングホリデー #海外留学

2時間前 - 2018年02月21日