ワーキングホリデーで海外を知ろう!

ワーキングホリデーは受け入れ国が決まっているの?

留学を考えた場合、ワーキングホリデーを利用したいという人も多いと思います。
このワーキングホリデーとは留学とはまた異なっており、勉強だけでなく現地で仕事をすることもできるのです。
そのため留学するよりも生活により密着した語学を学ぶことができるようになり、大きな経験を積むこともできるようになるのです。
しかしワーキングホリデーは行きたい国であればどこにでも行けるわけではなく、受け入れしてくれる国は決まっているのです。
もっとも最初に受け入れした国はオーストラリアであり、他にはニュージーランド、ドイツ、フランス、カナダ、イギリス、アイルランド、デンマーク、ノルウェー、またアジアもあり韓国、台湾、香港にも行くことができます。
その国によって言葉も文化も違うため様々目的など利用されています。
年齢制限があり基本は18歳から30歳までとなっているため、若いうちにしか利用できないので行ってみたいと考えたら悩んでいないで利用してみるとよい経験になります。

ワーキングホリデー制度の特徴と日本への受け入れなどについて

最長1年の間で、海外での生活・仕事・学習などといった様々な体験ができる「ワーキングホリデー」という制度は、日本と相手国との協定によって成り立っています。
国によって異なる場合がありますが、基本的には、一生に一度だけワーキングホリデーのビザが取得できます。
受け入れ国との文化の違いを通して国際的な視野を広げたり、自国以外の国の人と友達になれることも大きな魅力です。
日本へのワーキングホリデーを希望する人は非常に多いものの、日本での滞在費用を補うための就労先を見つけることが難しい状態にあり、その事が大きな障害や不安となっているというケースが多々あります。
この様な背景から、各国の希望者に対し、来日するよりも前に日本でのアルバイト情報などを提供して、受け入れ後の就労はもちろんのこと、語学研修や宿泊施設に至るまで全面的な支援事業を行う会社もあります。
この様に、地方の観光地などのアルバイトを事前に紹介することは、各国の希望者にとってまだ知られていない多くの観光地の知名度を高めることに繋がります。

check

チケットショップ 池袋

Last update:2017/9/8

『ワーキングホリデー 受け入れ』 最新ツイート